統合失調症の私のきもち。

統合失調症の私が感じている病気のこと、病気のまわりにくっついているいろんな悩み、そして日々の生活などを書いていきたいと思います。

予定が狂っても軌道修正する力

Sponsored Link

ブックの日、知っていますか

私の大好きなブックオフですが、毎月29日には「ブックの日」というものを開催しています。皆さんご存じですか?

 

ブックオフのアプリをもっていて、28日までに好きな店舗を「お気に入り店」として指定しておくと、翌29日にその店舗のクーポンが届くのです。

使えるのは、その29日当日限定です。

 

店舗によってサービスの内容が異なるらしいのですが、私が行くことのある店舗は、ほとんど「500円以上購入したら300円オフ」というクーポンをくれます。500円は合算でも可なので、110円の小説を5冊とかでもOKです。

 

店舗ごとに使えるので、A店に行って300円オフ、B店にも行って300円オフ、と言ったハシゴもできます。

私は以前、昼間に自転車で2店舗回り、夜に主人にドライブがてら2店連れて行ってもらい、1日に4店舗回ったこともあります。我が家の周辺、ブックオフがたくさんあるんです。しかし4店舗はさすがに疲れました。

 

とまあ、毎月29日はお得に買い物ができるのです。

 

f:id:sentimentalover:20201130115244j:plain

 

ギリギリアウト

先月の29日。車でのお出掛けからの帰り道にブックオフがあったので、せっかく29日なので寄って欲しいと主人に言いました。閉店時間を調べると、21時30分。45分くらいは居られそうだったので、向かうことに。

 

しかし、店舗について物色していると、本日は21時で閉店しますとのアナウンスが。アプリで閉店時間を調べてから行ったのに、そんな情報書いてなかったです;;

 

15分しかない! 焦って興味のある本を探す私。

焦るだけで5分経過! 1冊も選べず残り10分……。

 

近寄って来る店員さん。

「本日9時で閉店なので、何かありましたらレジの方にお願いします!!」

 

「( ゚Д゚)!?」

焦ってただでさえイライラしていたこともあり、この一言できもちが停止してしまいました。

 

「何かありましたらレジに」という表現が気に障ってしまいました。しかも威圧的に感じました。はよ会計してってことですよね。まだ10分あるのに!

「申し訳ありませんが今日は9時閉店なので、それまでにお会計をお願いします」とストレートに伝えてくれれば全然違うのに。

「何かありましたら」って「何か」は会計以外に無いじゃないか。

 

私は言葉に敏感なので、そこに捕らわれてしまいました。

 

普通の日ならともかく、ブックの日というサービスをしている日に、営業時間を短縮してそれをネットに書いておいてくれなくて、威圧的に「何かありましたらレジに」!

 

うーーーーーん。

 

主人「帰ろう」

 

軌道修正

車に戻って、落ち込む私。

 

主人「○○店は、小さいけど、普段10時までだよね?」

うーーーん。

主人「あっちも急に時間変更してたら嫌だから、電話するよ」

電話で主人が確かめてくれたところ、割と近い別の店舗が、普段通り22時までやっていました。

 

「今から向かえば、40分くらいは見られるんじゃない? せっかくだから、行こう」

 

結局、別の店舗に連れて行ってもらい、ブックの日のクーポンを利用してお得に本を買うことができました。

しかもこちらの店舗は、本が全品20%オフというキャンペーンをしていて、結果こちらの方がさらにお得でした。(でもこのキャンペーンもアプリに通知は来ていなかった……)

 

焦ったりイライラしたり

私はすぐに焦ったりイライラしたり、冷静でいられなくなってしまいます。

 

「ちゃんとアプリやネットに情報を載せてよ」とか「そういう言われ方は嫌だな」とか、そういった不満が生まれてしまうと、もうそれは「300円のクーポンを使えない」という小さな残念の次元を超えてしまいます。

たかが300円の問題ではなく、もっと大きな、他人の仕事や対応に対する不満の塊が出来上がってしまいます。

 

そして、そこからきもちをチェンジすることに時間がかかってしまいます。

今回は主人が一緒に居てくれて、運良く別の店舗に行けたので、このイライラをリセットすることができました。

 

本当は、ひとりで解決できないといけないですよね。

 

他人にイライラしてもしょうがない。

別の方法が無いか考える。

無理なものは諦める。

 

とっても難しいです。

 

sentimentalover.hatenablog.com