統合失調症の私のきもち。

統合失調症の私が感じている病気のこと、病気のまわりにくっついているいろんな悩み、そして日々の生活などを書いていきたいと思います。

動物のいのち

Sponsored Link

カレンダー探し

昨年末に、私と主人は勉強机スペースを揃えました。

主人は在宅勤務をより快適にするため、私はブログや勉強をするときにそれらしい気分になるため(笑)

sentimentalover.hatenablog.com

 

それによって、机周りに置く小物などを揃えていたのですが、卓上カレンダーを置きたいなと思って探していました。

 

そこで夜ウォーキングをしながら、近隣のハンズやロフトなどをたびたびのぞいていました。

 

家族探し

ハンズにもロフトにも毎年のように置いてある、定番となっている動物のカレンダーがいくつかあるのですが、ワンコのカレンダーを手に取り何気なく裏を見てみると、こんなことが書かれていました。

 

「この商品の売り上げの一部は、お家の無いワンちゃんネコちゃんの保護や、家族を探す活動に役立てられます」

 

f:id:sentimentalover:20210102092854j:plain

 

不意打ちで来ました。

動物モノに弱い私は、胸にぐっとこみ上げるものがありました。

 

今こうしている間にも、お家が無くて、いのちを無理やり取り上げられてしまうコたちがいるんだ。

そして、実家のアリスちゃんは元気だろうか、会いたい、と泣きそうになる。

私、自分でもちょっとおかしいと思うタイミングで、涙腺が緩む人です。

 

ふるさと納税

一昨年から我が家ではふるさと納税を始めました。もっと早くその良さを知りたかった! と言う感じで、一昨年、去年と利用し、今年もさっそく返礼品の物色をしています。

 

その一昨年の、初めてのふるさと納税

私たちは、一部の金額を、ワンコを殺処分から救う活動をしている団体に使ってもらえるという自治体に寄付しました。

 

返礼品として、その施設の看板犬のワンコのシールが届きました。

とても良いことをした気分になれて、これで少しでも救われるワンコがいるのかと思うと嬉しかったです。今後も、いくらかをこの団体に使ってもらえるように寄付していこうと思いました。

 

施設のことを調べると

寄付をして以来、その施設の活動が気になるようになり、あるとき調べてみました。

すると出てくるのが、かなり悪い評判ばかりでした。

 

内容は、週刊誌で取り上げられたことが発端になっているらしく、寄付金がちゃんとワンコたちのために使われていないという、ずさんな経営についてでした。

そしてワンコたちの飼育も、虐待まがいな扱いをしているという評判もありました。

 

週刊誌としては、そのことについて施設に回答を求めましたが、答えを得られていないということでした(当時の内容)。

 

悲しくなって

実態まで調べずに寄付をしたこちらにも落ち度があったのですが、そんなに評判の悪い施設だと知らずに、良いことができたと喜んでいた自分たちがとても悲しくなりました。

 

せっかくもらったワンコのシールは、見ると辛くなったので捨ててしまいました。

1枚は既に、私のお薬を入れるボックスに貼っていたので、今でも毎日目にして、毎日複雑なきもちになります。

 

昨年はもう、その自治体には寄付しませんでした。

 

何が正解なんだろう

寄付をしなかったことで、その団体はより悪質な経営をするようになるのでしょうか。そうなったら、今よりワンコたちがもっと不幸になってしまう。

でも寄付をしても、ちゃんと使ってもらえないかもしれない。

 

どうすることが良かったのか、今でも分かりません。

 

たびたび私のブログに登場してくれるアリスちゃん。

アリスちゃんが居るのは私の実家で、今自分が暮らす家ではなにも飼っていませんが、私は自分自身のことを大の犬好きだと思っています。

 

ネコちゃんは飼ったことがありませんが、ネコちゃんも大好きです。

f:id:sentimentalover:20210102092955j:plain

主人がアレルギーなのでネコちゃんは飼えませんが、いつか自分に自信がついたら、我が家でもワンコを迎えられたらと思っています。

 

道やテレビで可愛いコたちを見かけると、ついじーっと見てしまいます。

こんな可愛い動物たちを、商売のためにずさんな飼育をしたり、飼っても捨ててしまったりという人がいるのが本当に信じられない!

 

無力さが悲しいです。

 

sentimentalover.hatenablog.com