統合失調症の私のきもち。

統合失調症の私が感じている病気のこと、病気のまわりにくっついているいろんな悩み、そして日々の生活などを書いていきたいと思います。

アリスちゃんの悪行

Sponsored Link

たたまれた布団で思い出す

私と主人は普段は同じベッドで寝ているのですが、私が腰を痛めてから、主人は蒲団を敷いてそちらで寝てくれていました。

だいぶ良くなってきたので、昨日からはまた同じベッドに戻りました。

 

まだ、客間にたたんでしまっていない布団があるのですが、それを見てかつてのアリスちゃんとのバトルを思い出しました。

 

あれは、アリスちゃんをお迎えしてまだ数か月の、夏のことでした。

 

f:id:sentimentalover:20210130103325j:plain

このころのお話です

 

きもち良くなっちゃったのね

当時、私はまだ実家に居ました。統合失調症の症状がつらく、ひたすら家でごろごろしていたころです。

 

天気の良かったその日、母は私の布団を陽に干してくれました。しかし、布団に居たい私としては、横になれる場所がなくそわそわ。

やっと取り込んでくれて、熱を逃がすために部屋の中で布団を広げたので、私はそこへダイブ。

 

「うーん。うーん」と唸りながら、布団の上をごろごろ。

心優しい(?)アリスちゃんも、私に付き合ってくれて布団の上で伸びを。

 

ごろごろごろごろとローリングしていると、私の髪の毛から肩にかかて、何か違和感が……。

 

冷たい!

ビチャッとした感覚があったので起き上がると、私の布団の上に水たまりが;;

濡れてしまった私の髪の毛と服。

くっ、くさい!

 

アリスちゃん、ほかほか布団の上にオシッコしてしまっていました。

 

「おかーさーん、アリスがオシッコしたー」と叫ぶと、母は「褒めてあげて~」と。

当時まだアリスちゃんはトイレトレーニング中だったので、母はトイレシートの上でちゃんとオシッコができたと勘違いしたらしいです。

 

「ちがーう! あたしの布団の上だよー!」

「えー? あれまぁ」

母、大笑い。

 

「もう、アリス!」と言うと、アリスちゃんは逃げて行きました。

 

屈辱のシャワー

服を脱いで水洗いし、洗濯機に放り込み、私もお風呂場へ。

念入りにシャンプーです。犬も人間も含め、髪の毛にオシッコかけられたのなんて人生で初めてでした。今後も無いように願いたい。

 

私、お風呂は夜に入る派なのに。

しかもこのころは、お風呂に入るのがものすごく億劫でしんどかったです。

髪の毛を乾かすもの、ふらふらしてしまい一苦労。

 

とんだ災難でした。

 

f:id:sentimentalover:20210130103229p:plain

姉との1枚。このころにはトイレは覚えましたが……

 

今は外でしかトイレができなくなってしまいました

この後、アリスちゃんはきちんとトイレを覚えて、シートの上でできるようになったのですが、おさんぽをするようになってから、だんだんと外でしかオシッコができなくなってしまいました。ウン〇もです。

 

おトイレがしたくなると、家族に、外に連れて行って欲しいと吠えて伝えに来るようになり、それに応じて外に出してあげていたら、トイレシートは一切使ってくれなくなりました。

 

2か月に1度トリミングに行っているのですが、その行き帰りのゲージの中でも、シートがあってもオシッコしません。おそらく、サロンの中でもしていません。

 

途中で停まって車から降ろしてあげても、家の周りのように地面が土でないとできないみたいで、街中のアスファルトの上ではしてくれません。

自分のニオイが無いのも、できない理由でしょうか。

 

今のところ、そこまで困った事態にはなっていませんが、トリミングから帰ってきたらすぐに、我慢していたらしいオシッコをお庭でする姿を見ると、これは良くないのではと思います。

 

私は今は実家を出ているので、継続的に何かをしつけることができませんが、トイレシートの上でできた方が今後のためだよなぁと思います。

 

出しっぱなしの布団の山を見て、アリスちゃんのトイレ事情に思いをはせてしまいました。

お布団、片付けないと。

でも腰に負担かかるから、主人にお願いしよっと^^

 

 

sentimentalover.hatenablog.com