ネガティブ主婦の一喜一憂ブログ

基本ネガティブですが、希望をもって生きてます。いろいろと持病がありますが、最低限のお薬でそこそこの状態を保って暮らしています。動揺しやすく繊細気質な私の、病気や日々の生活の一喜一憂を綴るブログです。たまに可愛いワンコ登場☆

リビング大改造

Sponsored Link

本棚がパンパン

私の本棚がパンパンで、溢れています。

積読がひどくて、この間の地震でも雪崩を起こしました。

 

これをどうにかしよう!

どこかを片付けてスペースを作ろう!

と、整頓好きの主人が言い出しました。(私が言い出したのではない…)。

 

リビング大改造計画の始まりです。

 

f:id:sentimentalover:20211024083204j:plain

 

ソファの位置

色々考える中、私はふと思いました。

なんか、リビングが狭い。

 

我が家はLDKのすぐ隣の部屋を、客間兼仕事部屋にしています。

 

リビングと完全に壁で分けられた部屋ではなく、仕切りのように開くドアで分けられた、リビングの延長のような作りになっています。

普段からこの仕切りは開けていて、広めのリビングがあるように生活しています。

 

そしてリビングのソファが、このお隣の部屋側を背にするようにして置かれています。

なので、空間全体の中心にソファがあり、部屋を二分するようになってしまっています。

f:id:sentimentalover:20211024083306j:plain

今はこんな感じ

 

そこで、このソファが壁に引っ付いていたら、部屋が広く感じるのではないかと思いました。

 

テレビをどうするか

ここで問題になるのが、今ソファは、客間とは反対側のリビングの壁に置かれたテレビの方を向いて置かれているということです。

 

で、私、思いつきました。

テレビを処分して、プロジェクターで隣の部屋の壁に映そうという案です。

 

f:id:sentimentalover:20211024083355j:plain

こうしたい!

 

我ながら名案なのではないかと。

ソファが壁にくっつけば、部屋が広く感じられると思います。

 

主人もこの案にのってきて、さっそく電気屋さんに下見に行こうかという話になりました。

 

ですが、私気が付きました。

そもそもの、本の収納スペースを増やすという目的。ソファとテレビの位置替えをしても、収納スペースには変化がありません。

 

イラスト(落書き?)では簡潔に略して描きましたが、LDKと客間には本棚や楽器がおいてあり、もっとごちゃごちゃしています。

 

この計画、新たな本棚が置けそうなスペースが作られるという訳ではないのです。

 

当初の目的を忘れてしまいました。

が、プロジェクター計画を進めていきたいと盛り上がっている我が家です。