ネガティブ主婦の一喜一憂ブログ

基本ネガティブですが、希望をもって生きてます。いろいろと持病がありますが、最低限のお薬でそこそこの状態を保って暮らしています。動揺しやすく繊細気質な私の、病気や日々の生活の一喜一憂を綴るブログです。たまに可愛いワンコ登場☆

ちゅ~るとアリス

あむあむ

ちゃんと撮影しましたよ!

アリスちゃんの、ちゅ~るあむあむ^^

 

ちゅ~る ちゅ~る わんちゅ~る♪

 

f:id:sentimentalover:20211127105452j:plain

もっとくださ~い

ちゅ~る ちゅ~る わんちゅ~る♪

 

f:id:sentimentalover:20211127105600j:plain

ぺろぺろり~ん

美容院帰りなので、スカーフを巻いてもらってお洒落さんです。

 

安眠できず

癒しのアリスちゃんとは打って変わって、布団が合わなくて朝の腰痛は普段に増してつらいし、親が先に起きてうるさいので、あまり眠れていません。

 

両親ともガサツで、話し声も扉を開ける音や足音もうるさいです。

まだ寝ていたい人がいると言う気遣いゼロ。

 

着替えて出かけるにも、どこにどんな服があるのか、何がインナーで何が上に着るものなのかも良く分かっていない父親。

 

父にあれこれ聞かれて、一言一言トゲのある冷たい答えをする声のでかい母親。

 

ものを処分できず何から何まで取っておくし、掃除もしないので埃だらけ。

 

今回プレゼントしたアリスちゃんの写真集、要らない書類の間に積まれてどこにったか

分からなくならないと良いんですけど…。

 

今日は休息日です

今日は予定のない1日です。

 

読書やゲームをして、アリスちゃんと遊んで、のんびり過ごしたいです。

 

今ちょうど、アリスちゃんから日向ぼっこのお誘いがあったので、お庭で遊んできたいと思います。

 

ではでは。

 

お出迎え、無し… 今日は病院&美容院

あれ? いないの?

昨日から実家に帰省しております。

 

18:30ごろ到着しましたが、もう外はまっ暗。

いつもなら車の音に気づき、お庭まで迎えに出てきてくれるのですが、家に着いてもワンワンの声は聞こえず。

 

珍しいなと思いながら玄関を開けました。

 

あれ?出てこない。

 

アリス~、アリスちゃ~ん! と呼ぶと、やっと大急ぎで走って出てきました。

 

ストーブやテレビがついていて雑音も多かったみたいですが、1番の原因はキュウリです。

母が台所で夕食の支度をしていて、キュウリを切っていたそうです。

 

ベジタリアンのアリスちゃんは、おこぼれをもらおうと母を見上げて待っていたそうです。

 

私、キュウリに負けました。

 

f:id:sentimentalover:20211126100728j:plain

 

ちゅ~る

夕食の後に、お楽しみのちゅ~る。

ワンコもニャンコも、みんな大好きちゅ~るです。

 

アリスちゃん大興奮。

ちょーだい、ちょーだいと大騒ぎした割には、舐め始めるとお行儀がよいというギャップ( ̄m ̄〃)ぷぷっ!

 

粛々と味わっていました。

 

主人に動画を撮ってもらったのですが、写真を撮るのを忘れていました。

まだあと3日チャンスはあるので、またの機会に。

 

今日は午後から病院へ

今日はお昼を食べたら出発です。

 

まずはアリスちゃんを美容院に送り届けます。

そのあと私の病院に移動し、順番待ち。

 

病院が済んだころにはアリスちゃんの美容院も終わるはずなので、ピックアップして帰って来ます。

 

大喜びのはふーんはふーんを聞けるはずです。

 

sentimentalover.hatenablog.com

 

忘れずにお薬も貰ってこなくてはいけませんね。

 

かかりつけ薬局は病院とは反対側、1度家の近くを通り過ぎて奥まで行かなくてはいけないので、それもまた大変。

 

主人には運転を頑張ってもらいます。

 

では、妻の実家に来てもこんな時間までのびのび寝ている主人を、アリスちゃんのぺろぺろの力を借りて起こしてきたいと思います('ω')ノ

いざアリスちゃんの元へ

今日から

今日、明日と主人は有給を取っています。

日曜日までの3泊4日、私の通院のために実家に帰省します。

 

表向きは通院のためですが、気持ちはアリスちゃんに会うためです!

 

はふーんはふーん言って、きっと大興奮で迎えてくれるはずです(o^^o)

 

プレゼント その1

なんと今回は、アリスちゃんにプレゼントがあるのです。

しかも、2つも!

 

その1。

スーパーで安くなっていたので、「ちゅ〜る」を買いました。

 

以前にも試供品でもらったものをプレゼントしたことがあるのですが、日常的にちゅ〜るは食べていません。

 

前回も喜んでいたので、きっと今回も喜んでくれると思います。

 

プレゼント その2

こちらが本命です。

 

なんと、アリスちゃんの写真集を作りました。

タイトルは「可愛いアリスちゃんの世界 vol.1」。

 

じゃじゃーん!

f:id:sentimentalover:20211125082730j:plain

表紙はこんな感じ

ページをめくると…

f:id:sentimentalover:20211125082848j:plain

中身はこんな感じ

なんと豪華な!

 

これをアリスちゃん本人が喜ぶかは分かりませんが…。

 

我が家の分と実家の分、2冊作ったので片方をプレゼントしたいと思います。

 

やー、3ヶ月、写真と動画で我慢して来たので、本物に会うのが楽しみです。

 

では、気をつけて行ってまいります!

 

私の分はお名刺いただけず… でも主人の配慮に感謝;;

やっと契約

保険の契約、昨日でやっとひと通り終わりました。

 

厳密には、クレジットカード払いにしたため、カードを切りに来週にあと1回行かなくてはなりません。でも15分くらいでしょう。

 

あと1か月後くらいに、契約した保険に間違いがないか、最終確認のためにもう1回来店する必要があるらしいです。

 

と、あと2回代理店に行かなくてはいけないのですが、大変ないろいろは昨日で終わったわけです。

 

これまで計5回。

1回につき2時間半~3時間ほど。

 

いやぁ、ホントにたくさん契約したんで、我ながら太い客だったかと思うけれど、担当さんも私たちもお疲れさまでした!

 

f:id:sentimentalover:20211124100329j:plain

 

お名刺いただけず

昨日は担当さんがお休みで、これまで対応してくれた方でなく店長さんに対応してもらいました。

 

始めのごあいさつでお名刺を出してくれたんですけど、主人にだけ。

私にはくれませんでした…。

 

しょっぱなから私の心はシャットダウンしてしまいました。

 

家や車の購入とかで女性の1人客にはまともに接客してくれないとか、夫婦で行くと夫の方にばかり話をするとか、そういった内容のツイッターが話題になっていたのをちょっと前に目にしたところでした。

 

「夫がトイレに立つと説明が止まるのに、私が席を立っても話がすすめられていた」みたいな経験をしている女性が多いみたいですね。

「夫にしか名刺をくれなかった」と言っている女性もいました。

 

まぁしょうがないかと思いつつ、内心ふてくされてしまった私でした。

これまで対応してくれた担当さんは、私にもお名刺くれたんだけどな。

 

主人にありがとう

昨日の契約は、全部で4時間半かかりました。

でも私が同席したのは、最初の2時間半だけ。

 

主人が配慮してくれて、私の分の契約を先にやってくださいと言ってくれました。

そして私の分が終わったら、「妻は用事があって」と言って私を帰してくれました。

 

一緒に夕食を食べるつもりだったので、家には帰らずに近くのカフェで休憩して、主人の分が終わるまでの2時間を待ちました。

 

2人それぞれ別の方に対応していただき、時間短縮のために同時進行で進めますか? とも聞かれたけれど、それでは私が不安だと気づいてくれて、私の分の契約にはすべて付き添ってくれました。

 

それが終わって、今度はやっと自分(主人)の分。

大変だったと思います。

 

本当に感謝です。

 

結婚4年目にして、やっといろいろ保険に入りました。

大変だったけど、ひと仕事終えた~って言う満足感も。

 

保険のお世話になることなく、2人仲良く齢を重ねたいです。

 

昨日も契約まで至らなかったorz

保険の契約

昨日は「今日こそ!」と保険の契約にいったのですが、時間が足らず一部しか契約が出来ませんでした。

 

朝10時からの約束だったのですが、その時間に間に合うようにはとりあえず主人だけ行ったんです。

私は起きてしばらく座っていないと腰の痛みがあるし、その後リハビリも少ししたかったし、化粧とかもあるので主人だけ先に行ってもらいました。

 

まずは主人の分の契約を進めてもらい、私は11時半ごろに行って、そこから私の分の契約を進めていくという予定でした。

 

しかし、私が到着しても、主人の契約は半分も終わっておらず…。

 

f:id:sentimentalover:20211122094929j:plain

 

ハプニング

せっかく私が到着したので、では2人同じ会社にと考えている内容の契約を同時進行しましょうとなったのですが、そこでハプニングが。

 

主人に渡された書類、名前と生年月日は主人のものなのに、住所と電話番号などが違うのです!

これは…。

 

調べたところ、なんと同姓同名で年齢と誕生日が同じ方がいて、その方が同じ保険会社を利用していてそこから間違った書類が送られてきたとのこと。

私たちが訪れているのは、いろんな保険を総合的に案内してくれている代理店で、間違った書類を送ってきたのは、契約しようとしている保険会社でした。

 

その書類の間違いを、代理店の担当さんも見落としていたんですね。

結局契約できず、これはまた次回…となりました。

 

その他にも、引き落としの方法や細かいことをいろいろ確かめてもらっていたら、私が到着してからも1つしか進みませんでした。

 

私、紙1枚に名前書きに行っただけでした。(;´д`)トホホ。

 

担当さんの時間が無くなってしまったので、半分も契約できずに昨日は終了。

いやぁ、イチからかなりたくさんの保険を契約するので、書類の記入もたくさんなんですけど、ここまで時間がかかるとは。

 

決戦は明日

担当の方は明日お休みなのですが、店長さんが代わりに進めてくださるとのことで、急遽明日の予約を入れてきました。

 

土曜日に終わるかと思ったら、昨日の日曜日にも行くことになり、それでも終わらず明日も…。

 

いや~、こんなに長期戦になるとは。

 

もう私は苦手分野脳になってしまっているので、お店に到着した段階から眠気と頭痛がするんです。

 

FPの人はホントに凄いです。

ド素人の私たちにイチから教えてくださって、大変だろうなぁ。

 

明日こそ、契約済ませたい!

無事終わりますように;;

 

 

sentimentalover.hatenablog.com

 

今日こそ保険の契約

今日は午前中から出かける予定があります。

保険の契約をして来ます。

 

本当なら昨日済ませるはずだったのですが、最終的なお話が思いの外長くなってしまい、急遽今日の午前中にも時間をとってもらいました。

 

朝からちょいと忙しいです。

 

もっと早起きする予定だったのですが、疲れていて起きられませんでした。

寝るのも早かったんですけどね。

 

では急いで準備をします。

 

今日はこのへんでm(_ _)m

天パ、縮毛矯正しました

めっちゃ久々の美容院

久しぶりに美容院にいきました。

5~6ヶ月ぶり?

 

普段は2ヶ月半くらいで通っていたのですが、腰を痛めてから行けておらず。

腰は治っておりませんが、いい加減行かないとと思い、シャンプー台に耐えられるかと不安に思いながらも行ってきました。

 

行っていない間にずいぶん髪の毛が伸び、これを機に少し伸ばしてみたいなと言う気分になりました。

 

なのであまり長さは変えず、思い切って縮毛矯正をすることに!

(私、なかなかの天パです)。

 

f:id:sentimentalover:20211119093910j:plain

↑こちらはフリー素材。私はもっとウネウネです…

 

天パはアイデンティティだけど

髪の毛のことをからかわれた小、中学時代を乗り越えて、ブローしたりヘアアレンジしたりできるようになってからは、うまく天パと付き合って来ました。

 

これが私のアイデンティティだ、とも思うように。

 

色も明るくすることで、毛量の多さも軽く見せるようにしてきました。

 

しかし、このまま天パで伸ばすのは大変だと思い、気分転換にもと縮毛矯正に踏み切りました。

 

これまでストレートパーマはかけたことがありますが、縮毛矯正は初めてです。

そして、違いはよく分かっていません(汗)が、縮毛矯正の方が矯正度が強めだと思います。。。

 

で、効果のほどは…。

 

満足です^^

カット含めて4時間ちょっとの施術でした。肩がゴリゴリ。

 

でも、出来栄えは大満足です!

 

帰り道、ショーウィンドウに映る私もなんだかイイ女風。

意味ありげにサイドの髪を耳にかけたりしてみて、悦に入る私。

 

ふふ。

 

薬剤を流したりするためのを含めて3回も髪を洗ったので、腰はちょっと辛かったです。

洗ってもらっている間は堪えられましたが、起き上がったときがしんどかった。

 

でも1回ごとの洗い時間は短めだったので、なんとか。

無事に家まで帰れて、ひと仕事終えた~と言う感じです。

 

髪のうねりが取れたことで、ツヤが出たのがとても嬉しいです。

これまではケアをしても限界があったので;;

 

しばらくはイイ女気分で過ごせるかなと思っています♪

保険について学んで、再確認した悲しい気持ち

保険相談

今、主人と私の保険について考えています。

 

既に2回、保険の総合案内所って言うんですか、ああいったお店に足を運んで相談をしています。

 

この2回で、さまざまな保険がどういったものかを教えていただき、私たちの条件や希望に合うような保険を紹介してもらっています。

 

それらを持ち帰って、最終的な検討をしている段階です。

 

医療保険や、主人にもしものことがあったときの保険しか考えていなかったのですが、セカンドライフ保険というのが大切なんですね。

 

定年退職後の生活にかかるお金を、安全にしっかり増やせる保険。

知りませんでした。

 

元本割れする可能性のある投資には抵抗があったので、そのリスクなく、貯蓄よりいい比率でお金を貯められるみたいで、持っておきたいと思っています。

 

明日またお店に行った際に、契約をする予定です。

 

5時間の勉強

私たちは保険についてはド素人でした。

なので懇切丁寧に教えていただき、2時間半×2回でこれまで5時間相談に乗っていただきました。

 

しんどかったです。

 

眠いし頭痛いし、長時間になって来ると気持ちの方もしんどい。

お金の仕組みとか経済的なことが、もともと苦手ジャンルなんです。

 

主人が主に理解してくれているからいいけれど、たまに私ではついていけなくなることが。

 

でも家に帰って主人と話していると、私が理解していたことを主人が聞いていなかったりもして、なんとか2人でやっている感じです。

 

健康な人でも疲れる時間ですが、私は統合失調症です。

これだけ長丁場で、知らなかったことを習得するのはツライです。

 

入れない保険、高い料金

それに、やっぱり私の場合は、病気のせいで入れない保険があったり、主人と同じ保障にしようとすると料金が高かったりするんですよね。

 

悔しい。

 

私の病気の始まりに関しては、「あいつらのせいで」と恨んでいる相手が居ます。

 

そういったヤツらは、今も罰を受けることなどなく、仕事をしたり結婚したり、私に浴びせた言葉や仕打ちのことはおそらく忘れて生きています。

 

私が入れない保険の保障の分、病気のせいで料金が高くなってしまった差額分、その人たちにお金を払って欲しいです。

 

身体を傷付けたらすぐ犯罪になるのに、心にどんな酷いことをしても、なかなか罰せられることはないですよね。

 

f:id:sentimentalover:20211114083427j:plain

 

社会的に罰したい、という妄想

もし私に、湯水のように使えるお金があったら。

 

ヤツらを訴えてみたいという妄想をすることがあります。

 

勝てなくて良いんです。

 

自分のした酷い言動のせいで、一生付き合っていかなくてはならない障害を負った人間が居て、今でも許してなどいないこと、それを分からせたいという怒りに駆られることがあります。

 

訴えられたことが、職場の人とか家族にもバレて欲しい。

私は仕事を諦めることになったのだから、相手にも社会的な罰を受けて欲しいという願いがあります。

 

裁判になるのか調停になるのか良く分かりませんが、そういった場に足を運ばせて、「自分は訴えられているんだ」という経験を与えたい、そう思います。

 

10年以上たってもそんな妄想を膨らませてしまうくらい、この病気はツラいです。

 

悲しいかな、そんな怒りを再確認してしまった保険の勉強でした。

病気を治すためなら

昨日の話

昨日のブログに書いた話について、主人と話しました。

 

sentimentalover.hatenablog.com

 

 

「俺の人生で1番つらかったことが、病気に関することではなく、アフリカでの生活だったのかと言うのを、はっきりと否定しなかったのが良くなかったんだね」と。

 

主人曰く、アフリカの話はキャッチーで食いつきが良いから、仕事の人たちと飲んだ時や、大きな仕事をやり遂げた時なんかにこの話をしてきたと。

 

だから、私に対しても、しんどいことがあったりお互いを励ましたりしたいときに、アフリカでの生活を思えば俺はなんでも乗り越えられる、と繰り返し話してきてしまったと。

 

今まで比べたことがなかったけど、私の病気のことの方が大変なことだと思っているよ、と言われました。

 

でも私の病気は済んだことじゃなくて、今もこれからも続くから、つらいと言いたく無かったのだと。

そう言う考えだったそうです。

 

f:id:sentimentalover:20211117093357j:plain

 

もしまた留学したら

英語での高校生活がつらかったと言う主人に、もし今から英語圏ではない外国に、日本人がいない環境に3年間も語学留学しろと言われたらどうするのかと聞いてみました。

 

もしそれを乗り越えたら、私の病気が治るとしたら行けるかと、意地悪な質問をしてしまいました。

 

主人は、私の病気がそれで治るんならもちろん頑張れるよと言いました。

 

財産もいらないよ

留学と比べたことはなかったけど、何かと引き換えに私の病気が治るなら、何でもするのにって普段から考えるよ、と主人は言いました。

 

よく考えるのは、お金の話だと。

もし今までの貯金や財産を全て失っても、私の病気が治るなら全部没収されても良いよと言いました。

普段から、そう言うことはたまに考える、と。

 

財産はまたゼロから作っていけば良いし、貧乏でも生きていければ良いから。

2人の命があること、健康であることが1番大事だからねと言われました。

 

すべて言葉の上だけのお話ですが、こんなふうに言ってくれたことで私のモヤモヤはずいぶん昇華されました。

 

話して良かったです。

 

もみじさん、コメントありがとうございました。嬉しかったです。