統合失調症の私のきもち。

統合失調症の私が感じている病気のこと、病気のまわりにくっついているいろんな悩み、そして日々の生活などを書いていきたいと思います。

予定が狂っても軌道修正する力

ブックの日、知っていますか

私の大好きなブックオフですが、毎月29日には「ブックの日」というものを開催しています。皆さんご存じですか?

 

ブックオフのアプリをもっていて、28日までに好きな店舗を「お気に入り店」として指定しておくと、翌29日にその店舗のクーポンが届くのです。

使えるのは、その29日当日限定です。

 

店舗によってサービスの内容が異なるらしいのですが、私が行くことのある店舗は、ほとんど「500円以上購入したら300円オフ」というクーポンをくれます。500円は合算でも可なので、110円の小説を5冊とかでもOKです。

 

店舗ごとに使えるので、A店に行って300円オフ、B店にも行って300円オフ、と言ったハシゴもできます。

私は以前、昼間に自転車で2店舗回り、夜に主人にドライブがてら2店連れて行ってもらい、1日に4店舗回ったこともあります。我が家の周辺、ブックオフがたくさんあるんです。しかし4店舗はさすがに疲れました。

 

とまあ、毎月29日はお得に買い物ができるのです。

 

f:id:sentimentalover:20201130115244j:plain

 

ギリギリアウト

先月の29日。車でのお出掛けからの帰り道にブックオフがあったので、せっかく29日なので寄って欲しいと主人に言いました。閉店時間を調べると、21時30分。45分くらいは居られそうだったので、向かうことに。

 

しかし、店舗について物色していると、本日は21時で閉店しますとのアナウンスが。アプリで閉店時間を調べてから行ったのに、そんな情報書いてなかったです;;

 

15分しかない! 焦って興味のある本を探す私。

焦るだけで5分経過! 1冊も選べず残り10分……。

 

近寄って来る店員さん。

「本日9時で閉店なので、何かありましたらレジの方にお願いします!!」

 

「( ゚Д゚)!?」

焦ってただでさえイライラしていたこともあり、この一言できもちが停止してしまいました。

 

「何かありましたらレジに」という表現が気に障ってしまいました。しかも威圧的に感じました。はよ会計してってことですよね。まだ10分あるのに!

「申し訳ありませんが今日は9時閉店なので、それまでにお会計をお願いします」とストレートに伝えてくれれば全然違うのに。

「何かありましたら」って「何か」は会計以外に無いじゃないか。

 

私は言葉に敏感なので、そこに捕らわれてしまいました。

 

普通の日ならともかく、ブックの日というサービスをしている日に、営業時間を短縮してそれをネットに書いておいてくれなくて、威圧的に「何かありましたらレジに」!

 

うーーーーーん。

 

主人「帰ろう」

 

軌道修正

車に戻って、落ち込む私。

 

主人「○○店は、小さいけど、普段10時までだよね?」

うーーーん。

主人「あっちも急に時間変更してたら嫌だから、電話するよ」

電話で主人が確かめてくれたところ、割と近い別の店舗が、普段通り22時までやっていました。

 

「今から向かえば、40分くらいは見られるんじゃない? せっかくだから、行こう」

 

結局、別の店舗に連れて行ってもらい、ブックの日のクーポンを利用してお得に本を買うことができました。

しかもこちらの店舗は、本が全品20%オフというキャンペーンをしていて、結果こちらの方がさらにお得でした。(でもこのキャンペーンもアプリに通知は来ていなかった……)

 

焦ったりイライラしたり

私はすぐに焦ったりイライラしたり、冷静でいられなくなってしまいます。

 

「ちゃんとアプリやネットに情報を載せてよ」とか「そういう言われ方は嫌だな」とか、そういった不満が生まれてしまうと、もうそれは「300円のクーポンを使えない」という小さな残念の次元を超えてしまいます。

たかが300円の問題ではなく、もっと大きな、他人の仕事や対応に対する不満の塊が出来上がってしまいます。

 

そして、そこからきもちをチェンジすることに時間がかかってしまいます。

今回は主人が一緒に居てくれて、運良く別の店舗に行けたので、このイライラをリセットすることができました。

 

本当は、ひとりで解決できないといけないですよね。

 

他人にイライラしてもしょうがない。

別の方法が無いか考える。

無理なものは諦める。

 

とっても難しいです。

 

sentimentalover.hatenablog.com

 

 

主人のファッション、大人化計画

あの子は学生かん?

主人は、実年齢より少し若く見ます。私より3歳年上なのですが、同い年かと聞かれたり、年下に思われることもあります。

 

5年くらい前。私が20代後半で主人が30歳くらいだったころ。

私の実家で、主人とアリスちゃんのお散歩をするとよく一緒になる近所のおじさんがいるのですが、おじさんが母と会ったときにこう尋ねたそうです。

 

おじさん「よく来るあの男の子は、まだ学生かん?(方言:学生なのかい?)」

母「違うよぉ。〇〇(私)より3つも上だよ~」

おじさん「あー、そうかん(そうなのかい)」

 

ちなみにこのおじさん。私がマックス太っていたときに「ちょっと肥えたか? 顔が丸くなったな」と言った正直者。

「やっぱり俺って若く見えるんだよな~」と主人は喜んでいました。

 

喜ぶのは日本人だけ

日本人は若く見られることを喜ぶ人が多いですよね。私だって若く見られたい。

でも「お若く見えますね」が誉め言葉なのは、日本ぐらいだと以前テレビで見ました。

 

海外では、年齢を聞いて「もっと若く見えます」と言うと、「どうしてよく知りもしないアナタにそんなこと言われなきゃいけないのよ!」とか、不機嫌になられるそうです。

「若く見える」は、「実年齢より未熟な人に見える」と言う解釈になるそうです。

 

年齢相応の外見であることがカッコいいって、その考え方がカッコいいですね。

 

主人、帰国子女のくせに見た目年齢の若さを喜ぶなんて、魂は日本人なんだな。

 

服装にも原因があるのではと思い至る

顔が若いのは仕方がない。けれどよく考えると、主人のファッションにも問題があるのではと思い至ったのです。

 

若作りしたチャラチャラした格好ではないのですが、キレイめの、優等生っぽいファッションが多い主人。落ち着いた大学生って感じです。

 

3年前に私服で行ったベトナム出張(各国の方々との会議)では、懇親会で年齢の話になり、イギリスの方から「23歳くらいだと思った」と言われたそうです。その方は27歳だったらしく、「絶対に私よりも年下よ」と。

案の定、主人は喜んでいました。

 

f:id:sentimentalover:20201127105619j:plain

 

結婚したときに、式を挙げなかった私たちに、お祝いにとランチをご馳走してくれた主人の弟夫婦。

義理弟は当時海外勤務で、一時帰国中の久々の再会だったのですが、開口一番

「お前、大学生みたいだな!」

 

確かに、私と同い年の義理弟のほうが、主人よりお兄さんみたいでした。

 

これではいかん

私の男性の好みは「年上」です。ぶっちゃけ、ひと回りとか、もうちょっと上でも良いくらい。若々しいオジサンが好きです(若作りは嫌です)。

子どものころから、周りの子たちがハタチくらいのジャニーズに夢中だったのに対し、私の好みは30代~40代くらいの俳優さんでした。

 

でもまぁ理想と現実は違うので、3歳上なだけの主人と一緒になりましたが、向こうが年下に見られるのは癪です。

 

今までにないアイテムを買い足しました

なので昨年から、主人のファッション大人化計画を始めました。しかしちょっと暗礁に乗り上げております。主人も私も、メンズファッションが良く分からない……。

 

主人はお金は出すがアイテム選びは任せる! と言うので、私が男性ファッション誌を読んで勉強することにしました。

でも男性誌女性誌に比べて選択肢がない!

 

年齢でなんとなく分かれているけれど、ちょうど良い年齢層でしっくりくるセンスのものが無いのです。「なにこの服? サイズでかすぎじゃない?」みたいな着こなしばっかりで、「ファッションショーのステージじゃないんだから!」と言いたくなる恰好ばかり。

 

細身で168センチの主人には、近年多いオーバーサイズは似合わなそうで却下しました。

 

f:id:sentimentalover:20201127105722j:plain

 

結局、夏は開襟シャツと短パン、革のサコッシュ、冬はパーカーやニットのベスト、コーデュロイのパンツ、デザートブーツなどを買い足しました。

今までの優等生ファッションと比べると、良い意味で気の抜けた、リラックス感のあるテイストになってきたと思います。

 

でもこれ、大人っぽいのだろうか。うーん、分からん。

 

以前に買った服もまだいくつか残っているので、今も隣でキレイめなニットを着てパソコンをカタカタする主人。

そうだね、大学生みたいだね。

 

この冬は何を買えば良いでしょうか。

 

sentimentalover.hatenablog.com

 

初めて批判的なコメントが書かれました

ついに来ました、批判的コメント

ブログを始める際に、少しは覚悟していたことですが、ついに来ました!

批判的なコメント!!

 

統合失調症精神疾患について書いている以上、突っかかって来る輩がいつかはいるだろうとは思っていましたが、11月22日の記事に関して、昨日コメントが付きました。

 

承認したので、読めますよ(笑)

 

要約すると、統合失調症を理解する気の無い人間にとっては迷惑でしかないのだから、理解する人間にだけ理解を求めるのが合理的。

それから、そんなに理解して欲しかったら、文科省にカリキュラムを組むように要請したらどう? といった煽り。

そして、統合失調症は迷惑の代名詞! という〆でした。

 

本当にこんな人が出現するんだ!!

 

f:id:sentimentalover:20201128230630j:plain

  

コメントを読んだ私のきもち

最初は言っている意味が分からなかったので何回か読み返し、そして意味が分かると、とてもムカムカしました。私、とても短気なので。書けないような暴言も叫びました。

 

けれどあまり悲しくは無かったです。

イライラしたし、動揺はしましたが、泣きませんでした。

 

私のブログのコメント欄は承認制にしているので、承認しない(公開しない)こともできるし、そのまま削除することもできます。

けれど、是非このコメントは公開したいと思いました。

私のブログを読んでくださっている方々と、共有したいと思いました。

 

コメントを返すのはやめました

始めは、このコメントに対して私も何か返事を書こうかと考えましたが、主人の助言もあり、直のコメントは返さないことにしました。

そうですね。ブログを始めるときにも、スルーする力が必要だというアドバイスは本でも読みました。

 

けれど、このきもちをアウトプットしたかったので、このことについての記事を書いてみようと思いました。

そして、普段このブログを、おそらく、少なからず応援するきもちで読んでくださっている方々に、わたしのきもちを聞いて欲しいと思いました。

 

カウンセリングしてあげる筋合いはない

コメントは返さないことにしましたが、そうしたのには主人の助言と本で読んでいたアドバイス以外に、もうひとつ理由があります。

 

それは、話の通じないどうでもいい相手に、自分が心を砕いて無料でカウンセリングしてあげる筋合いはない! という信念があるからです。

 

私はこのブログで統合失調症について発信してきましたが、それは、悩んでいる方や、前向きに病気について知りたいと思ってくれている人たちに、届けたい思いがあるから書いてきたのです。

理解する気のない人に、病気の知識や理解を求めるカウンセリングを、無料でしてあげる義理など私にはありません。

 

私を傷付けようと言葉の暴力をふるった人を、私が頑張って導いてあげる必要なんてないですからね。しかも、無料でなんて!!(無料のとこ、重要です!!)

 

私の思いは変わりません

私は先々月の自分の誕生日に、こんな記事を書きました↓↓

sentimentalover.hatenablog.com

 

ここで書いたことが、私の正直な気持ちです。

 

精神が未熟な人間は、心の弱さや恐れといった感情を獲得していないから、精神疾患のようなものに共感できない。だから、ひどい言葉を浴びせたり、からかってきたり、理解することができない。そんな未熟な人を、相手にする必要はない。

 

私もまだまだひよっこなので、イライラして暴言を吐きましたが、こういった人に出遭っても泣かなくなるくらいには成長しています。

 

でもきっと、この人にはこの人の、嫌な経験があったのでしょう。精神疾患を馬鹿にする人間が形成されてしまうだけの、嫌な経験が。(そんなん知らんけど)

 

f:id:sentimentalover:20201128230806j:plain

 

さっきまでとてもモヤモヤしていましたが、書いたら心がスーっとしました。

私には、私を支えてくれる人がいるので大丈夫です^^

 

「応用行動分析学」についてちょっと話したい with愛犬

応用行動分析学とは

私は大学時代、特別支援教育を専攻し、応用行動分析学というものを学んでいました。

聞いたことのない方は難しい話が始まるのかなと思われるかもしれませんが、そんなに複雑な話ではないです。

 

応用行動分析学とは、ある行動の前後に何が起こっているかを分析して、前後の環境を操作することで問題行動などを解消する方法です。

 

ちょっとこれだと、ナニイッテマスカですね。

 

具体例をあげます。

 

お菓子を奪ってしまうお兄ちゃん

お兄ちゃんが、いつも弟のオヤツを奪ってしまうという問題行動があったとします。

 

その前に何が起こっているかを観察すると、お母さんがおやつを渡してすぐどこかに行ってしまい、お兄ちゃんがオヤツを奪うところを見ていないという状況があるかもしれません。

もっとさかのぼれば、お兄ちゃんは食事の量が足りていなくて、とてもお腹が減っているかもしれません。

 

その後に何が起きているのかを観察すると、弟がオヤツを奪われたと泣くかもしれません。

そこにお母さんが戻ってきて、弟には新しいオヤツを与え、お兄ちゃんのことは厳しく叱っていないかもしれません。

 

こういった前後の環境を分析すると、お兄ちゃんはとてもお腹が減っているから、お母さんが見ていないタイミングで弟のオヤツを奪い、奪ったとき弟が泣いても苦にならず、お母さんからも叱られていないということが分かります。

 

この環境が、お兄ちゃんの「おやつを奪う」という行動を強め、繰り返させているのです。

 

この前後の環境を変化させることで(適切な食事量を与える、オヤツを奪うのはいけないことだと教える、お母さんが見ている場所でおやつを与えるなど)、オヤツを奪うという問題行動を解消していく分析方法が応用行動分析学です。

 

自閉症などの、発達に課題のある子どもの問題行動を適正な行動に変えることに、初めて成功した治療法です。

 

例えば、お手伝いをして欲しかったら

「お手伝いをして」とお願いしても、やってくれない子どもがいたとします。

ここで、ご褒美になるものを用意します。

(正確にはご褒美とは少し違うのですが、分かりやすくご褒美とします)

 

「飴を1つあげるから、お手伝いをして」とお願いしてもその子がやってくれないとしたら、飴はご褒美として機能していません。

これをチョコレートに変えることでお手伝いをしてくれるのなら、チョコレートはご褒美として機能しています。

こちらが勝手にご褒美はコレとするのでなく、相手の行動を実際に引き出せるご褒美を設定するのが必要です。そして、ご褒美と一緒にたくさん褒めてください。

 

チョコレート1つでお手伝いをしてくれるようになったら、チョコレートの代わりに、メダルを渡すようにします。メダルが3っつ貯まったらチョコレートと交換、というふうに、ご褒美の頻度を下げます

今いくつ貯まっているか分かるように、視覚的に示してあげることが必要です。

チョコレートをもらえない回があってもお手伝いができたら、メダルの意味を理解していると言えます。ここでもたくさん褒めてください。

 

これを、さらにメダルが5つ、7つと貯めないとチョコレートがもらえなかったり、メダルは関係なく、もらえるときともらえないときがランダムで発生するようにしてもお手伝いができたら、「お手伝いをする」という行動が形成されていったと言えます。

 

最終的には「褒められる」という、モノではないものをご褒美と感じてお手伝いができるようになることが理想です。更に言えば、部屋がきれいになった」「充実感を得られた」「家庭での自分の役割を果たせた」といったことがご褒美と感じられたら、素晴らしいです。

それが難しければ、周囲がこの程度なら良いだろうと思えるご褒美で、お手伝いが行えるようになったらOKでしょう。

 

学校などの集団行動をする場であれば、理想的な行動にシール与え、その数を表彰するといった方法もあります。表彰されることを「ご褒美」と感じられるかが大事です。

お菓子やオモチャなどの「モノ」から始めても、感謝の言葉などの「コト」をご褒美として感じられるのが1番理想的です。

 

こんな感じで、問題行動を減らすだけでなく、望ましい行動を増やしたりするのにも有効な方法です。

 

何をご褒美と感じられるか

ここで、相手によって差が出てくるのが、何をご褒美と感じられるか、です。

人によっては、褒められたり感謝の言葉を言われることが、ご褒美として機能しづらいこともあります。

知的能力や年齢、嗜好などによってかわってくるので、このご褒美でこのぐらいできれば良いかなというラインを、相手を見て設定してあげてください。

 

愛犬アリスちゃんを自慢したい

ところで私の愛するアリスちゃんですが、この子は本当にお利口さんなんです。

実家では夕食の際、アリスちゃんはゲージのベッドに入って待機するルールなのですが、促さなくても自分から入れることが多いです。

f:id:sentimentalover:20201126130828j:plain

アタシ、ハウスしたわよ~

これだけでもお利口なのですが、家族が気付かずに誉めてあげていないと、「フンっ」と鳴いてアピールしてきます。

「アタシ、ハウスしてるんですけど、褒めなさいよー」と言うことです。

みんなして褒めると、満足そうにベッドで寛ぎ始めます。

 

これ、応用行動分析の視点で見ると、犬が誉め言葉をご褒美と感じられて望ましい行動ができるって、すごいことなんですよね。

オヤツに釣られてできるのでも賢いですが、周囲に褒められることを自分のご褒美と感じられるなんて、かなり能力が高いです!

 

私はこのことを家族に力説するのですが、いまいちピンとこないようです。

ごちゃごちゃ言わなくても、アリスが賢いならそれでいいじゃないと言った感じ。

 

反応の悪さに、この家族よりアリスちゃんの方が賢いのではと思い、イライラして声を荒らげて説明してしまい、主人になだめられる……。家族、テレビを見たりよそ事をして、聞いていないというのがいつもの風景……。

 

アリスちゃん。私はあなたの素晴らしさを誰よりも感じているからね!!

sentimentalover.hatenablog.com

 

 

応用行動分析学、奥深い分野なので、お子さんの問題行動など気になる点がある方は、ぜひ詳しく調べてみてください。

療育として学べるスクールなどもあるようです。

 

応用行動分析学について詳しく説明した動画がありました。

少し長いですが、分かりやすいと思いました。お時間のあるときにご覧ください↓↓


ABA応用行動分析学とは

頭皮の乾燥によるフケには〇〇でマッサージ! 臭いもケア!

ドライヤーをかけているそばから

私は、顔のお肌は敏感で油性肌なのに、頭皮は何故か乾燥肌です。

乾燥しているせいで、フケが多く出てしまうことが年に数回あります。

 

脂っぽかったり、不潔にしていてフケが出るならちゃんと洗わないと! と思うのですが、念入りに地肌をマッサージしながらシャンプーして、ドライヤーをしているときにフケが出るのです。

洗ったばかりなのに……。

 

f:id:sentimentalover:20201123102447j:plain

 

これ以上どう洗えばいいのだ! と途方に暮れていました。

 

と言っても、常にではなく、年に数回のこと。フケに効くシャンプーに変えるほどではないかなぁと。

私は髪の毛を染めています。あまり髪質が強い方ではなく、できればシャンプー&コンディショナーはダメージケアできるものを使いたい。

 

この悩みを、美容師さんに相談してみました。

 

美容師さんのおすすめケア

美容師さんのおすすめは、あるものでシャンプー前に頭皮をマッサージするというものでした。

あるものとは、コレ↓↓

f:id:sentimentalover:20201123102520j:plain

無印良品のホホバオイル こちらは100㎖で1590円です

 

ホホバオイルです! 無印良品のものが有名で、手に入りやすいですよね!

お肌のケアにも良い、万能オイルです!!

 

シャンプー前にホホバオイルで頭皮をマッサージし、その後、普段通りのシャンプー&コンディショナーをすれば良いということでした。

 

美容師さんは、フケではなく臭いが気になるときに、クレンジングとして行っているそうです。

 

試してみると

さっそくホホバオイルを導入。

 

オイルをつけて頭皮をもみもみ。範囲を分けて、やり残しの無いように念入りに行いました。10分くらいかけて全体をマッサージし終えて、その後温めたタオルでしばらく頭をくるむと髪の毛にも良いらしい。あとは普段通りに洗うだけです。

 

普段通りと言っても、シャンプーで頭皮を丁寧にやさしく洗うことと、コンディショナーが頭皮につかないようにすること、しっかりとすすぐといったことは、ちゃんと気を付けました。

 

さて、その結果は……。

髪を乾かすと、本当にフケが出ませんでした!

 

主人はフケではなく臭いを気にしているので、主人の頭もホホバオイルでマッサージしてあげると、美容師さんのおっしゃる通り! 不快な頭皮の臭いが消えました!

 

美容院ではいつもに本を読んで、ほとんど会話をせず静かに過ごすことを好む私ですが、勇気を出して相談してみて良かったです!

 

昨日も使用しました

一昨日、髪を乾かしたときにフケが気になったので、同じことでお悩みの方がいればと思い記事にしてみました。

昨日お風呂に入る前に、ホホバオイルで頭皮マッサージしました。お風呂上がりのドライヤーでは、無事フケは出ませんでした。

 

フケだけでなく、臭いが気になる方も、よろしければお試しを^^

 

 

sentimentalover.hatenablog.com

 

 

時間管理人間

手帳、使っていますか?

皆さんは、手帳って使っていますか?

使っている方は、どんなタイプの手帳を使っていますか? こだわりはありますか?

 

1月から新調する方と、4月から新調する方がいると思いますが、1月からの方はそろそろ新しいものを買い始める時期ですよね。

 

私、専業主婦のくせに、いっちょ前に手帳に頼っている人間です。

 

私のこだわりは「週間バーチカル」

手帳の書式(書式であってます?)っていろんなタイプがありますが、使っている方はどんなタイプを愛用されていますか?

 

私は学生のころは、月間タイプの薄手で大きめのものを使っていました。これはひと月ごとのカレンダーのようなタイプです。

主に学校関連の内容とバイトの管理、遊びの約束の管理をしていました。

 

その後、大学を卒業してからは手帳とは無縁の生活を送っていたのですが、2年前から再び手帳を使うようになりました。

 

それは毎日の時間管理をするためです。午後に横になって、2時間もニュースサイトやまとめサイトを見ていた……なんていう過ごし方を卒業したかったので、手帳の導入を決めました。

 

使うようになったのはこのタイプ、「週間バーチカル」と呼ばれるタイプの手帳です↓↓

f:id:sentimentalover:20201125103043j:plain

1時間ごとにプランを記入できる 「NORTY キャレルB6 バーチカル1」という商品

昨年は、全ての曜日に同じように書く欄があるものを使いましたが、土日はのんびり過ごすことが多いので、今年はこのタイプを買いました。

 

1時間ごとに計画を立てて、家事や自由時間の管理をしています。

お昼ご飯を食べ終わったころに手帳を開き、午前に実際にやったことを書き、午後から夕食までのプランを考えるというのが普段の使い方です。

 

こうして手帳を書くようになってから、やらなきゃいけないことがあるのにダラダラしてしまって、中途半端な家事とスマートフォンいじるだけで昼間が終わった……、というような日が格段に減りました。

 

洗濯ものや掃除、買い出しや料理などのその日の必須タスクを確認し、空いている時間に遊んだり休憩をする。昼寝したい場合は、どのくらい休んで何時から家事を始めれば間に合うかの見通しを立てます。

 

予定通りに必ずやっているわけなく、その都度内容や順番を変えながら、夕飯に間に合うようにいろいろやって過ごします。

 

この時間管理、私には合っているようです。

時間管理以外には、下の欄にその日の主人の昼食と夕食、ひと言日記を書き、メモページには読んだ本の感想やおこづかい帳をつけています。

 

1月はじまりに変更する予定

この2年弱、4月はじまりの手帳を使ってきたのですが、学生や会社勤めをしているわけではないのに4月はじまりって、なんだか空しくなってしまいました。

そこで、思い切って今回は1月はじまりに変更しようと思います。

 

やっぱり1年の始まりは1月ですよね!

 

今から、どのメーカーの手帳にしようか考え中です。候補は絞っているのですが、どれが使いやすいか、悩む。

同じものにするのか、変えるのか、昨年のものに戻すのか。

それぞれ良いところと不便なところがありますからね。

もちろん、バーチカルにするのは決定済みです。

 

ちなみにペンは、修正がすぐできるように消えるインクの3色ペンを使っています。

自分の予定を黒、主人の予定を青でメモ程度に、予約など時間が決まった大事な予定を赤で書いています。

 

早く次の手帳をゲットしたいです^^

 

sentimentalover.hatenablog.com

 

調子の悪かった3連休

この3日間、調子が悪いね

先日の3連休、最終日に「この3日間、調子が悪いね」と主人に言われました。

ホントに?

 

このところずっとの低空飛行が続いていた程度だと自分では思っていました。そんなに調子悪かったかな。

頻繁に悲しいきもちはやってくるけれど、1日中ふさぎ込んでいるわけではなかったと思います。商業施設にも行ったし、外食もしたし。

 

でも言われてみれば、頻繁に主人のことを呼んでは、傍にいてくれと言っていました。

 

ずっと寝ていました

3日間ともやけに眠くて、毎日たっぷり昼寝をしていました。ずっと寝ていたくなってしまうのは、確かに体調が良くないときのサインです。

 

「寝てばかりいたからそう思うの?」と主人に聞きましたが、それだけではないと。

 

確かに、すぐ寝たいと言ってベッドに行ってしまうのもあったけれど、ずっと不安定だよ、と。

 

このところ、自分の体調の悪さに敏感に気が付けるようになった気でいたのだけれど、周りから見て分かることが自分では分かっていなかったのか……。

 

外でも調子が悪くなる

主人曰く、私が調子悪そうにするのは、断然家の中でが多いそうです。

家の外では調子が悪くなっても、頑張って過ごしていることが多いけれど、家の中ではすぐに休息モードになると。なのに今回は、家の外に居ても「無理、しんどい、悲しい」が多かったみたいです。

 

普段は「周りの人に見られている」という思いから、外ではシャキッとしていないとと思っているのですが、今回は外に居ても辛そうにしていたようです。

 

日曜日に外食したときも気分が悪くなって、頓服のリスパダール液を飲んでしまったし、月曜日に100円ショップに居たときも、辛くなってしゃがみこんでしまいました。

 

そうか、そういうこと、あんまり外ではしていなかったかも。

主人、なかなか観察力があるではないか。

 

「何より、毎日泣いていたし」

そうか、私、毎日泣いていたかも。

 

f:id:sentimentalover:20201124101225j:plain

 

何があるわけでもないと思うのに

具体的に、しんどい問題が出てきたわけでもないと思います。

嫌な記憶は毎日のように出てくるけれど、心が縛られるほどにはなっていない。むしろ、嫌な記憶のせいで調子が悪くなるのではなく、調子が悪いから嫌な記憶をたどってしまうように思います。

 

平穏に過ごしたいというきもちと、ブログやアロマの勉強をして、生産的に過ごしたいというきもち。

 

アロマの勉強を頑張った先には、試験があります。試験にちゃんと出かけていけるのかという不安。

 

ブログを書けば少なからず交流が生まれ、それがやりがいではあるけれど、良くも悪くも刺激になってしまっています。

現段階で、ブログをやめてしまおうとは思わないけれど、コメントやブックマーク、アクセス数をチェックしてしまうことは、私にとって刺激であるのは事実です。もう少しやっていけば、そういったコミュニケーションや世間の反応に一喜一憂しなくなるのでしょうか。

 

でもべつに、勉強やブログが辛いわけではない、と思う。

むしろ、生活のハリ。適度なコミュニケーションの練習。

 

でも疲れているのかな。心が。

 

ちょっとモヤのかかっている日々です。

 

 

sentimentalover.hatenablog.com

 

私の鼻はおバカなのかも知れない

アロマのお勉強、続けています

以前、アロマテラピー検定1級を受けると高らかに宣言いたしました。日々少しずつですがお勉強は続けております。1日1時間とかだし、できていない日もあるけれど、モチベーションは下がらずに続けられています。

 

報告を待っていますと言ってくださった読者さんに良い結果をお知らせできるように、やれるだけのことをやらなくてはと思います!

 

試験用に精油セットを購入しました

試験には、配られた精油の名前を当てる「香りテスト」があります。2問出題されるのですが、100点満点中、香りテストは1問4点と、なかなか配点が高いのです。

合格ラインは80点です。

マークシート式の試験で、4つの選択肢がある中から答えを選びます。

 

1級の香りテストに出題される可能性がある精油は、17種類です。

その全ての精油が少しずつ入っているセットを先日購入し、金曜日に届きました。

 

それ以来毎日、ポーチの中からランダムに掴んだ精油を嗅いで名前を当てる練習をしています。なぜか主人も参加しています。

 

何度嗅いでも、嗅ぎ分けられない香りがある

香りは目に見えないものなので、その香りを嗅いだときに、自分なりのイメージを言葉で表現して記憶する必要があります。

 

例えば、ゼラニウムは「バラ系のハンドクリームの匂い」、ペパーミントは「グリーンガムの匂い」、クラリセージは「ごはんにかける"ゆかり"の匂い」と覚えています。

 

これらは私にとって比較的言葉にしやすい香りなのですが、何度嗅いでも言葉で表現できない香りがいくつかあります。

 

中でも、「ローズマリー」や「スイートマジョラム」といった香りのイメージを言葉にできません。

 

ローズマリーは一般的には「樟脳」に似た香りと言われており、古くから衣服の虫よけとしてタンスやクローゼットに置かれてきた樟脳のような香りがするそうです。ですが私、樟脳になじみがありません。テキストに樟脳と出てきて、それが何なのかネットで調べたくらいです。そして嗅いでも嗅いでも、覚えられません。

主人は「虫よけの匂いがする」と言って、ちゃんと覚えられました。

 

そして「スイートマジョラム」。一般的には「すっきりとしたハーバル系の中に少しの甘み」とか書かれていますが、さっぱり。私なりの言葉が出てきません。

この香りを主人は「スナックの香り」と命名しました。お菓子ではなく、夜のお店のスナックです。

主人は以前の部署とその前の部署の合わせて10年間、スナックやキャバクラなどを頻繁に訪問する業務を行っていました。「スナックのドアを開けたとき、だいたいこの匂いがするんだよ」だそうです。

私、夜のお店の匂い、未経験です。

 

f:id:sentimentalover:20201121115505j:plain

 

知っているはずだった香りも分からなくなった

単純な楽しみとしてアロマを始めた際、「オレンジスイート」、「レモングラス」、「ティートリー」、「ラベンダー」という4つの精油を購入しました。

この4つは何度も使用しているし、4つの中でなら、目をつむってビンを嗅いでもこれらの香りを判別することができていました。

 

な の に !

 

17種類の香りから選ぶと、わけが分からなくなってしまいました。知っているはずのこの4つの香りを嗅いでも、なじみのある香りだと感じられず、まだよく覚えられていない精油のどれかなのでは~と悩んで、不正解……。

 

特にラベンダー。普段からハンカチに染み込ませて嗅いだり、とってもお世話になっている香りなのに、今回買った小瓶をかいでも、それと気付けません。

これは主人も同じ状態に陥っており、完全にラベンダーの沼にハマっています。

 

f:id:sentimentalover:20201121115128j:plain

 

1番ショックなのは

まだ覚え始めたばかりですが、ショックなのは私よりも主人の方がセンスがありそうなことです。今現在、主人の方が正答率が高い。

2人して分からないならともかく、主人だけ自信をもって正解とか。

 

私が受ける試験なのに;; 悔しい。

 

大事な8点分正解できるように、香りのイメージワークを頑張らねばと思います。

 

忘れてしまった野望

オードリー・ヘップバーンの晩年

読者登録させていただいている方が、先日オードリー・ヘップバーンについて書かれていました。生い立ちや晩年のユニセフの活動について。

 

私はオードリーの出演作品は、『ローマの休日』だけ観たことがあります。

数年前、祖母に付き合って、地元の文化ホールのようなところで、市のイベントとして上映された際に観に行きました。

 

お客さんはほとんどがお年寄りで、そのためか、みんな観ながら喋る喋る……。

オードリーが髪を切ったシーンでは、おばあちゃんたちが「あー」と、その可憐さにため息。コミカルに転ぶ登場人物が居れば、どこか遠い席のおじいさんが大声で「ヒャッハー」と叫ぶ。(本当に「ヒャッハー」とはっきり言いました。)

なんだこの空間はと、ビビる私。

 

そしてエンディングが近づいたとき、祖母が母に向かって「これって、最後はああしてこうなるんだよねぇ」と結末を語る。「シー!」と母。

私、初めて見たから結末知らなかったのに、まさかのネタバレ。

家庭でクイズ番組観てるんじゃないんだから! と言いたくなるような、ある意味思い出深い体験でした。

 

そんな、多くの人を魅了し続けるオードリーですが、その晩年はユニセフ活動に専念されたんですよね。なんとなく聞いたことがありましたが、先日書かれた方のブログを読ませていただき、「こんな人だったのかぁ」と知りました。

 

f:id:sentimentalover:20201122101213j:plain

 

もし、大金持ちになったら

私は10代のころ、「途上国に学校を作りたい」という、淡い夢を抱いていました。ただしその条件は「大金持ちになったら」。

宝くじが当たったら何を買うかとか、それに似た、捕らぬ狸の皮算用的なやつです。現実のものとして、そういった活動に関わる仕事に就きたいと思っていたわけではなく、あくまでも、大金持ちになったら。

 

学校の先生になりたいと思っていた私は、途上国の、勉強をする環境に恵まれていない子どもたちの情報をテレビなどで見て、少なからず関心をもっていました。

自分のすべてを投げ出してそういった国に飛び込む勇気はないけれど、もし何かで大成功して大金を手に入れたら、途上国に学校を作る活動に使えたらいいなと。

ぼんやりとですが、そんなことをたびたび想像していました。

 

ですが、もう10年以上、先日のオードリーの記事を読ませていただくまで、そんな小さな野望を思い出しもしませんでした。

 

先生になれなかったからかな

その理由はきっと、私が教師になる夢を諦めたからです。今からでもなることができるのではと思われる方もいるかも知れませんが、私は教師という職業に、憧れ以上の恐怖を抱いてしまったので、今後目指すことは無いと思います。

 

教師になることが恐くて病気になったし、病気になったから教師になれなかったし、教師になれなかったから絶望感で病気はひどくなったし。

 

「学校」に関する話題を避けて生活するようになり、きっとそのために、「途上国に学校を~」の野望と言うか、妄想と言うか、それも消えてしまったのでしょう。

 

自分のことで精いっぱい

今の私は、自分が生きることで精いっぱいです。自分が生きていくために主人が必要だから、自分と主人に関係することしか関わらない。あとは実家の愛犬。そして他の家族のことを少々。

 

コロナはほぼ関係なく、誰かと会食をするようなこともありません。

ただただ、平穏に。

 

収入がなく、精神力も体力もない今の私では、誰かのために活動するなんて言うことは難しいです。経済的支援はもちろん、ボランティア的なことも。

 

学生時代、障がいのある方へのボランティア活動を精力的に行っていましたが、思い出すと恐ろしい。

アルバイトなんてもっと恐い。よくあんなことできていたなと。

学校に通っていたことさえも恐い。すべての活動が、思い出すと「無理~、恐い~!」と言った感じです。

 

いつか、自分の心の安定が揺るがないものになって、他人のために自分のもっているものを分けてあげられるときなんて、来るのだろうか。

今はただ、自分と、ごく限られた近しい人のために生きています。

 

 

sentimentalover.hatenablog.com

 

【統合失調症】 治療② 長期の治療を継続していくには

長期的に治療に取り組む必要がある

統合失調症は、糖尿病や高血圧と同じ「慢性疾患」です。なので、長期にわたって治療に取り組んでいく必要があります。

 

今回は、陽性症状が落ち着いてきたら考えたい「SST」というものについて、そして、家族など周囲の人に心がけてほしいことについてお伝えしたいと思います。

 私の経験も併せてお伝えさせてください。

 

 

SST(社会生活技能訓練

SSTとは、ソーシャル・スキル・トレーニングの略です。

 

【SSTの必要性】

薬物療法によって陽性症状が落ち着いてきたらSST(社会生活技能訓練という治療が行われることもあります。

統合失調症の多くは、思春期など社会に出る前のタイミングで発症するため、患者さんは社会生活に必要な技術や対処法を十分に獲得していません。

 

そこで、学校や職場で生じるさまざまなストレスに対処できるよう練習することで、再発を防ぐことを目指します。

 

精神疾患者向けのデイケアなどでも、こういったことを意識してプログラムが組まれているので、利用できるサービスがあるかお医者さんに確認してみると良いでしょう。

 

ちなみに、私のお世話になっている病院でもデイケアが行われていますが、先生から「あなたには合わないんじゃないかな」と言われ、参加したことはありません。

私のどういったところを見て「合わない」と判断されたか分かりませんが、私の言動を見て、そうアドバイスされたのだと思います。

 

病院内に、デイケアのイベントの写真やそこで作られた作品などが展示されているので、なんとなくの様子をうかがい知れますが、残念ながら私は詳しく知りません。

もちろん、施設によってプログラム内容は異なります。

 

【SSTの例】

統合失調症の患者さんは、日常のあいさつのような基本的なコミュニケーションに困難を抱えていることがあります。

そこで、数人の患者さんがグループになり、社会的な場面を想定してそれぞれが役割を演じるロールプレイを通じ、コミュニケーションの取り方の練習をします。

 

例えば、職場で頼まれたことを断りたい場合に、やんわりと上手に断る方法などを練習したりします。統合失調症の患者さんは、このようなやり取りがうまく行きにくいことが多いとされています。

 

患者さん同士がお互いのやり取りを見て学び、良かった点を伝え合うことで、自信を得ることにもつながります。

 

家族・周囲の支えも必要

統合失調症の患者さんは、通常では考えられないような行動をとってしまうこともあり、家族や周囲の人もつらい思いをしているかも知れませんね。しかし、その気持ちを患者さんにぶつけてしまうと症状が悪くなったり、再発率が高くなることが分かっています。

 

私はまだ大学に通っていたころ、研究室で泣き出してしまったことがあります。そこには友人と先輩がいたのですが、先輩が「え? なになに?」と友人に聞き、「いや、ちょっと……」と友人は言葉を濁していました。このときは既に、精神科に通っていて、そのことを友人にも話していました。

その後、友人から「ああいうときに、周りがどれだけ気を使うと思うの? 友だちだったら気を遣わせたり迷惑かけても良いと思っているの?」と言われ、絶望感が強くなり、症状が悪化しました。

 

実家に戻ってからは、ひとりでいるのがつらかったので私はいつも母にくっついていましたが、買い物に行った際、「フラフラして危なっかしいから、お母さんひとりで行ってくるから車で待ってて」と言われ、車内に残されることがありました。

私は自分がフラフラしていると知らなかったのですが、それが迷惑なんだと感じ、何より不安なときにひとりにされたことがつらかったです。


家族や周囲の人が、病気について正しく理解することで、患者さんと同じ方向を向いて、治療の継続を支えて行っていただけたらと願います。

 

f:id:sentimentalover:20201119110559j:plain

 

周囲の人に心がけてほしい3つのこと

【1.病気を知る】

患者さんは、怠けているわけでも、悪意をもっているわけでもありません。また、周囲を困らせようとしているわけでもありません。

統合失調症の病気によって起こっている症状だと知れば、対処の仕方も見えてきます。

お医者さんに尋ねたり、インターネットや書籍などを活用し、そして患者さんのきもちをしっかりと聞いてあげて、病気を知ってください。

 

【2.ひとりで抱え込まない】

簡単に誰にでも相談できてしまうことではないですが、ひとりで抱え込まないことが重要です。

患者会家族会、患者さん同士が交流するピアサポートなどに、積極的に参加してみてください。

 

【3.目標を立てる】

陽性症状が落ち着いた場合も、すぐに行動するのは難しいので、将来の目標を患者さんと一緒に立ててみましょう。

例えば、「家事を覚える」「職業訓練を受ける」「仕事に就く」「ひとり暮らしをする」など、目標を分けて、ひとつずつクリアして行けるようにしましょう。

患者さんの症状がまだ回復していなかったり大きな不安があるのに、無理強いをしてしまうことの無いように、注意してください。そのためには、患者さんとよく話し合いきもちや体調を把握してあげてください。

 

知っていますか?

北欧では、小学校の授業で実際に患者さんから話を聞き、統合失調症について学ぶそうです。日本ではなかなか、そういった環境は整っていないですよね。

子どものうちから統合失調症について正しい知識を得ることは、大変重要なことですよね。

 

 

薬物療法の重要性と副作用について、お知りになりたい方はこちらの記事も↓↓

sentimentalover.hatenablog.com

 

 

〇さらに詳しく知りたい方へ〇

厚生労働省のサイトへのリンクです↓↓

みんなのメンタルヘルス|厚生労働省

 

参考資料:NHKテキスト『きょうの健康