統合失調症の私のきもち。

統合失調症の私が感じている病気のこと、病気のまわりにくっついているいろんな悩み、そして日々の生活などを書いていきたいと思います。

私の伝えたい病気にまつわる情報

パニック障害の治療

パニック障害 私には、統合失調症の併発症状としてのパニック発作があると、昨日書きました。 一般的なパニック発作の内容や発作による生活への妨げについてもまとめてあるので、前回の記事を読んでいただいたいない方は、どうぞこちらも読んでください。↓↓ …

統合失調症、併発症状としてのパニック症状

私の症状 前回精神科を受診した際に、パニック障害に関する冊子をもらってきました。病院などの待合室に置いてある、無料の小さな冊子です。 私の病気の診断名は「統合失調症」ですが、併発症状として「パニック症状」とあります。統合失調症の症状プラス、…

【統合失調症16】認知行動療法によるリハビリ

精神疾患に効果のある認知行動療法 先日、統合失調症による生活障害の改善には、リハビリが不可欠であるという記事を書きました。 sentimentalover.hatenablog.com 統合失調症に効果のあるリハビリの中でも、精神療法として注目されているのが「認知行動療法…

【統合失調症15】「生活障害」を改善するにはリハビリが不可欠

リハビリは、薬物療法と並ぶ治療の大きな柱 前回、統合失調症には、あとあとまで「生活障害」が残ってしまうことがあるという記事を書きました。 sentimentalover.hatenablog.com 統合失調症で生じた「生活障害」を改善するには、リハビリテーションが不可欠…

【統合失調症14】生活のしづらさ あとあとまで残る「生活障害」

生活障害とは 統合失調症により陰性症状や認知機能障害などがあると、日常生活や社会生活を送る上で様々な障害が残ることがあります。これを「生活障害」と言います。 ※陰性症状や認知機能障害についてはコチラの記事を↓↓ sentimentalover.hatenablog.com 生…

【統合失調症(/精神疾患)13】生活を支えてくれる福祉制度

さまざまなサポート 先日、そろそろ自立支援の更新手続きをしなくてはという記事を書きました。 書いてみて、自分でも良く分かっていないことや、手帳や障害年金についての知識も無いことに気づいたので、これらについて調べてみました。 精神疾患の患者さん…

自立支援の更新手続きをしなくては

今年もこの時期が来ました 私の場合、統合失調症の医療費とお薬代は、3割ではなく1割負担です。 私も良く分かっていないのですが、自立支援という福祉を利用させてもらっており、役所に申請することで、1割の負担で医療を受けさせてもらっています。 どの…

【統合失調症12】回復を促す家族の接し方④ & 家族教室

コミュニケーションを上手くとるために 前回まで、3回に分けて統合失調症の患者さんに対する、家族の接し方について考えてきました。 sentimentalover.hatenablog.com sentimentalover.hatenablog.com sentimentalover.hatenablog.com 統合失調症の患者さん…

【統合失調症11】回復を促す家族の接し方③

家族が病気の犠牲にならないように sentimentalover.hatenablog.com sentimentalover.hatenablog.com 統合失調症の治療は長期にわたるので、患者さん本人だけでなく、患者さんを支える家族も疲弊してしまうことがあるかも知れません。 これまで2回の記事で…

【統合失調症10】回復を促す家族の接し方②

回復に必要な家族の接し方 sentimentalover.hatenablog.com 統合失調症の患者さんのほとんどが、自宅から病院に通院して治療することになります。 事情がありひとり暮らしの方もいるかもしれませんが、症状が活発な状態では、ひとりで生活するのは難しいと思…

【統合失調症9】回復を促す家族の接し方①

家族が心がけるべき要点3つ 統合失調症の回復のためには、家族の協力が欠かせません。 家族の対応によって、患者さんの回復は大きく左右されるといっても過言ではありません。 患者さんを支え、再発させないためにも、家族が心がける点は主に次の3つです。…

【統合失調症8】妊娠・出産と薬

はじめに 統合失調症の患者さんであっても、妊娠・出産を望む方はいらっしゃると思います。 結論を先に言うと、統合失調症であっても、子どもをもつことは可能です。 しかし、服薬などに関して何の問題もなく、統合失調症ではない人と同じような流れで出産に…

【私の感情整理法】「後悔」は過去をやり直したいという「強欲」

「後悔」が起こる仕組み 「あのとき、あんなことを言わなければよかった」 過去の自分の言動に対して、堂々巡りの思考を繰り返すのが「後悔」です。 後悔の感情をなかなか手放せなかった経験は、みなさんもあるのではないでしょうか。 私はとてもたくさんあ…

【私の感情整理法】「心配」を手放す

マイナスな感情との付き合い方 統合失調症はじめ、さまざまな精神疾患のある方はもちろん、病気ではない方もマイナスな感情に悩まされることはあると思います。 不安、心配、イライラ、妬み、自暴自棄……。 その感情が自分の中に生まれても、支配されずに上手…

【統合失調症7】 さまざまな入院のかたち

精神科の入院制度 精神科の入院制度は、他の診察科と異なる点があります。それは「入院の形態」です。 精神科の入院にはいくつかの形態がありますが、大きく分けると2つです。 1つは、本人の了解のもとで行われる入院です、もう1つは、同意が得られないま…

【統合失調症6】 入院はどんなとき必要? メリットとデメリット

入院のメリットとデメリット 現在、統合失調症の治療は、通院による治療が主流です。 それでも、患者さんの状態によっては、入院治療を考えなければならないことがあります。 今回の記事では、入院が必要になる場合と、入院することのメリットとデメリットに…

【統合失調症5】 病気と暴力

はじめに 統合失調症を「他人に危害を加えるおそれのある危険な病気」「人格の荒廃に至る特殊な病気」と思われている方がいるかもしれません。しかし、それは本当でしょうか。 今回の記事では、統合失調症と「暴力」の関係についてお伝えしたいと思います。 …

【統合失調症4】 治療② 長期の治療を継続していくには

長期的に治療に取り組む必要がある 統合失調症は、糖尿病や高血圧と同じ「慢性疾患」です。なので、長期にわたって治療に取り組んでいく必要があります。 今回は、陽性症状が落ち着いてきたら考えたい「SST」というものについて、そして、家族など周囲の…

【統合失調症3】 治療① 薬物療法 副作用と薬の中断による再発率

回復を目指す 統合失調症は、かつては治療が非常に難しい病気でした。しかし今日では治療法の研究が進み、通常の社会生活を送っている患者さんが増えています。 統合失調症の治療では、まず薬物療法が行われます。 使われるのは抗精神病薬というお薬です。幻…

【統合失調症2】 早期治療がカギ! 不眠や不安感が現れたら

早期発見のために、周囲の人に理解しておいてほしいこと 統合失調症は、早期発見・早期治療によって、重症化を防ぐことができます。そのために、身近な人の様子が心配だなと感じる方に、知ってほしいことを紹介します。 今回は、病気を発症しやすい時期と病…

【統合失調症1】 特徴的な症状は幻覚?妄想? 主な3つを解説

早期発見の重要性 統合失調症は、若い世代に多く見られる精神疾患です。約100人に1人の割合で発症するとも言われており、決して珍しい病気ではありません。 私もその当事者ですが、1度発症すると、治療がとても難しいです。 薬を飲むことで落ち着いた状態…

【精神疾患】病院選び3 個人病院か、医者が複数在籍する病院か

病院選びのポイント3 個人病院か、医者が複数在籍する病院か 個人経営の病院 医者が複数在籍する病院 まとめ 病院選びのポイント3 個人病院か、医者が複数在籍する病院か これまで、精神科を選ぶポイントとして①口コミ情報の判断の方法、②予約制か予約制で…

独断での断薬はもったいない

皆さんのブログ、読ませていただいています 私は統合失調症患者としてブログを書いているので、読者登録してくださっている方々や、こちらが読者にならせていただいている方々にも、何かしらの精神疾患がありますという方がたくさんいらっしゃいます。 共感…

【精神疾患】病院選び2 予約制か、予約制でないか

精神科病院を選ぶ際の、予約制をとっている病院ととっていない病院の、メリット&デメリットについてまとめました。

【精神疾患】病院選び1 口コミ情報をどう判断するか

精神科病院を選ぶ際の口コミ情報の判断ポイントについてまとめました。