統合失調症の私のきもち。

統合失調症の私が感じている病気のこと、病気のまわりにくっついているいろんな悩み、そして日々の生活などを書いていきたいと思います。

眠れないことに落ち込まないで

Sponsored Link

私もなかなか寝付けませんでした

統合失調症などの精神疾患がある人の中には、上手に睡眠をコントロールできていない人も多いのではないでしょうか。

私も以前はまったく寝付けず、昼間は寝てばかりでした。しかし今ではだいぶ改善しました。これまでの経緯と私の考えをお話しできたらと思います。

 

統合失調症を発症する前から、私には睡眠障害の傾向がありました。それが、病気になってより悪化してしまいました。睡眠障害にも、なかなか寝付けない入眠障害や、夜中に目が覚めてしまう中途覚醒など、いろいろ種類があります。

私の場合は、入眠障害が顕著でした。夜中になっても全く眠くならず、朝方まで寝付けませんでした。そのためお昼まで起きられず、起きてからも横になってうとうとしていました。こういった状態は、病気になってから6年くらい続いていました。

 

f:id:sentimentalover:20201017093314j:plain

 

午前中に起きるために始めたこと

そんなころ、一緒に住んでいた恋人(今の主人です)に、アンケートをやってみるのはどう?と提案されました。これは睡眠のためではなく、私が自分の稼ぎがないことに落ち込んでいたので、アンケートならストレスなくお小遣い稼ぎができるのではという提案でした。
アンケートというのはネット副業のひとつで、アンケートサイトに登録し、送られてきたアンケートに答えてポイントを獲得するというものです。サイトによっていろいろありますが、ポイントは現金や商品と交換できます。アンケートに関しての詳しいことはまたいつか紹介できたらと思いますが、とにかくこれがアタリでした。

 

アンケートを始めてからの私は、無理やりでも午前中に起きて、お昼までにアンケートを終わらせるという目標を立てました。それでも、力尽きて二度寝してしまうことが多かったので、ここで新たなルーティーンを導入しました。それは、アンケートをする際に、飲み物を淹れるということです。

紅茶や緑茶、ルイボスティージャスミンティーなど、好きな飲み物のティーパックをそろえて、毎朝その日の気分でチョイスしたものを飲みながら作業するようにしました。そうすると、なんだか一丁前に仕事をしているような気分になり、少しモチベーションが上がりました。微々たる金額ですが、アンケートで稼いだ金額が口座に振り込まれることでも、モチベーションは保たれました。

 

私の場合はアンケートでしたが、何か趣味の練習や、資格の勉強なども良いのではないかと思います。ポイントは、ただの遊びではなく、苦痛でないレベルのタスクを設定することです。それを午前中のうちに済ませ、「今日もちゃんと頑張った」「午前のうちに済ませて、時間を有効活用している」という達成感を得ることが重要です。

 

それまでの、症状のひどかったころの私は、どうせ朝起きても不安な気持ちでだらだらテレビを見るだけだし、意識があるのが苦しいから、眠って意識を失っていたいと思っていました。しかしアンケートを始めたことでハリが出て、午前中の不安感が薄らいだ気がしています。

 

あなたのせいじゃない

こういった生活を続けるようになり、少しずつ午前中に起きるということが定着してきました。早く起きているので夜も眠くなり、朝方まで寝付けない頻度が減っていきました。しかしこれだけでは、必ずスムーズに寝付けるという状態にはなりませんでした。

 

ではどうやって現在のように寝付けるようになったかというと、結論を言ってしまえば、時間とともに病気の状態が落ち着き、薬が減ったからだと思います。

 

そもそも、寝付けないのは病気で神経が高ぶって興奮してしまっているからです。そして朝起きられずに昼間も眠たいのは、そういうお薬を飲んでいるからです。

本人の気持ちだけで、無理やりコントロールができるものではないのです。

 

そう。あなたのせいではないんです。

 

私の場合は、お薬を飲むことで夜の興奮状態を抑え、飲み続けることで病気が改善して興奮する気持ちが減りました。そして病気が改善していく中でお薬が減り、昼間の活動量が増えていきました。

ちゃんと処方されたお薬を飲むことで、時間はかかるけれど症状が落ち着き、お薬が減っていく中で睡眠とも上手に付き合えるようになるはずです。今の私は、睡眠導入剤も飲んでいません。

 

お薬が減っていくことと、自分なりに生活のパターンを作って早起きすることの努力。この両方があって、私の睡眠障害は改善していったと思います。

早起きと言っても、お昼まで寝てしまっている人は、まずは10時半に起きるとか、そういうレベルからのスタートで十分だと思います。

 

時間はかかります。けれどちゃんと治療すれば必ず症状は良くなっていきます。だから、眠れないことに落ち込まないでください。

そして周りの方も、眠れない人を責めたり、無責任な押し付けをしないでください。「いつまでも寝てるから夜眠れないんだよ。早起きすれば夜は眠くなる!」

そんな無責任な言葉で、眠れない人を傷つけないでください。

 

気長に、ゆったり、のんびりでいいんです。

ちゃんと治療していれば、夜になると自然と眠くなる時がくるはずですよ。

 

 

sentimentalover.hatenablog.com