統合失調症の私のきもち。

統合失調症の私が感じている病気のこと、病気のまわりにくっついているいろんな悩み、そして日々の生活などを書いていきたいと思います。

ついにリスパダール減薬開始 [統合失調症とお薬]

Sponsored Link

リスパダールを1mgから0.5mgに

先週病院に行って、リスパダールの減薬に挑戦することになったと書きました。

そして、先月までに貰っていたお薬が一昨日終わったので、昨日の夜に飲む分からリスパダールの減薬を開始しました。

 

これまでは1日1回、就寝前に1mgを飲んできましたが、0.5mgにします。

 

お薬手帳を振り返ってみたところ、減薬、もしくは断薬をするのは2年前の2月にデパケンを卒業して以来の挑戦です。

 

リスパダールに関して言えば、最後に減薬したのは7年前の1月、2mgから1mgになっています。

長い道のりです。

 

f:id:sentimentalover:20210312104731j:plain

 

これまで飲んできたお薬

これまでのお薬歴を、お薬手帳でパラパラと見てみました。

マックスで飲んでいた時期から、現在のお薬の量を比較してみました。

 

1日の服薬量

リスパダール2㎎→1mg→今回から0.5mg

ジプレキサザイディス10mg→5mg→2.5mg→無し

・デパケンR200mg→100mg→無し

レンドルミン0.25mg→なし

コントミン12.5mg→なし

ワイパックス2mg→1mg

アキネトン2mg→1mg

 

頓服薬(1日1回まで)

リスパダール液2ml→1ml

 

リスパダールジプレキサ精神安定剤

デパケンは抗てんかん薬、躁病・躁状態治療薬、

レンドルミン睡眠導入剤

コントミン精神安定剤

ワイパックスは沈静・抗不安剤

アキネトンパーキンソン症候群治療薬、と書いてあります。

 

アキネトンに関しては、手の震えの副作用を抑えるために飲んでいます。

 

今の病院にかかり始めたときの内容を見るとまた違うので、数回通う中で上記の内容に落ち着いたのだと思います。上記の内容でマックスの量を飲んでいる期間はとても長かったです。

 

先生曰く、「私はあまりたくさん薬を出す方の医者ではないから」とのことなので、これが最低限必要な量だったのだと思います。

 

この量を飲んでいる時期はかなりつらかったので、もっとたくさん薬を出して欲しいくらいに自分では思っていました。

しかし、飲み続けることと、つらい出来事から時間が経つこと、そして周囲の支えでだんだんと普通に近い暮らしができるようになりました。

 

そして断薬や減薬ができるようになり、今に至ります。

この春で、統合失調症歴は12年目になりました。

 

しっかり経過を見ていきます

自分としては、最近はそこまで調子が良い方では無いのではないか、本当に減薬を始めて大丈夫なのかと言う不安が少しありました。

 

しかし主人に聞くと、気分のムラは多少あるけれど、悪い状態が長く続くこともなく、少し不安定になってもすぐ回復している。アロマの勉強や、認知行動療法を実践することなんかも積極的にやっているし、とてもやる気のある状態が続いているから大丈夫だと思う、とのことでした。 

 

昼食後に眠気がひどくて、長いと2時間くらい昼寝をするようになってしまったことは気になるけれど、気分の安定具合は問題ないと思うという印象だそうです。

 

3年前にワイパックスの断薬に失敗したときは、断薬して3日後くらいに一睡もできず、その後半分の量を飲んで様子を見ましたが、ずっと興奮して不安定でした。

つらかったです。

 

あのときのような状態になればすぐに気づけるし、今回は、予備として今までと同じ量の薬を処方はしてもらっているので、すぐ元の量を飲める状態にあります。

 

怖がらずに、落ち着いて経過を見ていきたいと思います。

成功しますように。